|カートをみる マイページへログイン ご利用案内 会社案内 お問い合せ サイトマップ トップページ
RSS



「トップに戻る」 > お見舞いにお花を贈る

お見舞い花

あなたの周りに、入院された方や退院された方、または入院されないまでも、体調が優れず自宅で療養されているという方がいる場合、何か元気づけて差し上げる方法はないだろうかと、考えているのではないでしょうか。 もし食事制限をされているのであれば、食べ物を贈ってもあまり喜んでいただけないかも知れません。 親しい方なら、どんなものが良いかすぐにイメージできるでしょうが、あまり詳しい事情をご存知なければ、何を贈ったら良いか迷うことでしょう。 お金を包むのは味気ないと感じておられるのなら、花を贈ることをお勧めします。 花のイキイキとした姿を見れば、誰もが元気づけられることでしょう。 もし外に出る機会がない方なら、あなたが贈った花を見て季節を感じることができますから、早く元気になって外出したいという思いを後押ししてくれるはずですよ。 お見舞いに花というと定番的なイメージがありますが、どんな花を選ぶかによって、あなたの気持ちやあなたらしさを込めることができます。 相手の好みを考えて、最適なアレンジを選びましょう。 お見舞いに花を贈る際に、注意しなければならないことがあります。 それは、鉢植えは避けるということです。 鉢植えの植物をお見舞いとして贈ることには「根がつく」という語呂合わせから、病状が長引くというイメージを持つため、一般的にはあまり好ましくありません。 また、香りが強過ぎる花もあまり好ましくないとされていますので、その点について注意して選んでください。

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜1件 (全1件)

1件〜1件 (全1件)